第3回 ランチア ゼータ

03_01

重心の高い車は嫌いなので、自分ではミニバンは所有しないと思ってました。
そこへ同業者から「珍しい車が入庫したよ!」との連絡があり、見に行ってみるとこのゼータでした。
イタリア本国ではタクシーなどにも使用され、よく見かける車でゼータは知ってましたが、流石に日本で現物を見たのはこれが最初で、スペックなどもあまり知らないのに思わず買ってしまいました。

03_03
ゼータという車はフィアット、ランチア、シトロエン、プジョーの共同開発で、同じプラットフォームを使い、各メーカーがそれぞれウリッセ、ゼータ、エバシオン、806の名称で発売されました。といっても主導権はシトロエン、プジョーにあったらしく、ショックなどにもプジョーの刻印があり、その前に乗っていたテーマワゴンとは比べものにならないくらい、乗り心地はとても良く快適でした。
シートもフランス車らしいソフトなもので、エアコンも夏場でも満足のゆくものでした。(エアコン設定温度は華氏で表示されるのに、メーター内の外気温計は摂氏なのは理解できませんでしたが・・・。)
エンジンもフィアット、ランチアではなく、シトロエン、プジョーのエグザンティアや406などの2リッター4気筒にターボを組み合わせたもので、回したからといって別になんてことのないエンジンでしたが、ターボが付いていることを感じさせない自然な過給で大排気量に乗っているような、現在のターボ車に通じる味付けでした。ただミッションのギヤリングは日本の道路環境には合いませんでした。
車重が1.7トンもあるので、1速は非常にギヤ比が低く2速とのギャップがあり、渋滞や一旦停止が多い所では1速か2速か悩むときがよくありました。 買ったきっかけは「珍しいから」ということでしたが、良い意味で期待を裏切る良い車だったこともあり、4年ほどウチに居ましたが、その間ほとんどノートラブルで、サーキットのサポートカーやツーリングの共として活躍してくれました
ただ、サーキット帰りは渋滞が多く、マニュアルシフトでは辛いことや、欲しいと言ってくれる奇特な方が現れたので譲ることにしました
たぶん二度と手に入れることは難しいでしょうが、「オートマチックでならもう一度・・・。」
と、思わせるとても良い車でした。

03_02